プロフィール

天の樹のヒプノセラピスト saoriです。

私には「誰もが世界にひとりの自分とつながって 本来の自分らしさを生かし楽しめますように」という想いがあります。その想いがどこから来るのか、実はそれは私が過去世で何度もチャレンジしてきたテーマでもありました。ただ今世では、それを思い出し迷いから解放されるまでに、私には様々な出来事を体験する必要がありました。私が今世で選んできた体験、そしてヒプノセラピーとの出会いを振り返ります。

誰もが世界にひとりの自分とつながって 本来の自分らしさを生かし楽しめますように

自己表現が得意でなく、子供の頃から自分に自信を持てなかった。それでも音楽や英語など、常に好きなことに熱中しながら大人に。そんな私も結婚・離婚を経験し、初めて立ち止まり自分と向き合うことに。それと同じ頃、父が病で他界し残った商売の多額の借金。それを宗教に熱心な母が丸ごと背負う。それまで自分なりに自由にやってきた私は、それを機に母を守りたいと思う一方で、母との考え方や価値観の違いをつきつけられる。のちにヒプノセラピストとなって一番に感謝したのは他でもない母だったが、当時の私は母に対する激しい怒りや葛藤を覚えると同時に、「自分だけ幸せになってはいけない」という思いに縛られるようになっていた。無意識のうちに心の奥に刻まれた感覚は自分でも気づかずに自分を制限するようになった。自分の本音、本来の感覚がどういうものかも思い出せなくなるという経験。本当の自分に帰るために少しづつ軌道修正してきたものの無意識に刻まれたものってけっこうやっかいで、知らずに無理してしまうクセや自分を後回しにしてしまうクセは長いこと抜けなかった。ヒプノセラピーに出会って自分に必要な癒しってこういうものだったと気づく。自分とつながる感覚。自分以外の誰の感覚もそこに存在しない自分だけの世界。世界にひとりの自分を純粋に受け止め感じることができたとき、自然と本来の自分がよみがえってきた。そして自分を高いところから俯瞰する体験をする。「すべてが魂の望んだ学びだった」「すべての魂が私の幸せを願っていた」それを理屈ではなく感覚として手にしたとき「私は(あなたは)誰にも遠慮せず幸せになっていい」「私は(あなたは)愛すべき大切な存在」だと腑に落ちた。誰もが世界にひとりの自分とつながって本来の自分らしさを生かし楽しめますように。

ヒプノセラピストsaori プロフィール

人生のピンチのとき、気づけばいつもヒプノセラピーに助けられてきた。離婚して「パートナーシップ」について深く考えるようになった30代の頃、内なるインスピレーションに導かれて自分の内面に奥深く入っていくと、すべて潜在意識にあるものが具現化されていることに気づく。そこからものの見方が変わっていき、潜在意識のクリアリングに取り組みながら、自分らしい生き方について考えるようになる。英語をきっかけに機械産業系の企業で8年間技術職に携わっていたが、その中で自分の意識が「機械」ではなく「人」にあることに気づき転職。ところが、介護職や家業手伝いを経験するも自分を生きている実感が持てず、「志事(しごと)」について模索するようになった40代。心理学を学びながらも何をやってもしっくりこず英会話講師の仕事に傾きかけた頃、思いがけず乳ガンという「病」をいただく。それがきっかけとなって、確立された療法としてのヒプノセラピーに導かれるように出会う。深く癒され自分の変化を感じると同時に、自身が過去に体験したこととヒプノセラピーがシンクロ。そして探し続けていたのはこれだったのだと悟る。ヒプノとのご縁をいただいた師(宮崎ますみさん)から、ヒプノセラピーを本格的に学ぶ。実践を重ねさらに自らが深く癒されていく中で、「人は癒されるだけで、本来の自分に帰る」、そして「本来の自分を思い出すだけで幸せに生きていける」、との確信を深める。「誰もが世界にひとりの自分とつながって本来の自分らしさを生かし楽しめますように」との想いを胸に、浜松市を拠点に前世療法/年齢退行療法などのヒプノセラピー個人セッションやリトリートなどを開催中。

1970年浜松生まれ

日本ヒプノセラピーアカデミー・イシス
前世療法コース・年齢退行療法コース
心身緩和セラピー&ソマティックヒーリングコース修了

心に響いた師の言葉

「オリジナルであれ」
「セラピストは自らを癒し続けること」

ヒプノセラピストとして

自分とつながる。ただそのシンプルな取り組みから、私自身の変容が始まりました。自分自身を愛し慈しみ、自己の魂の特性を発揮して生きることが、これまで以上に必要とされる時代に私たちは生きていると感じます。すべての人が独自の輝きを持っている。それを、この時代の本質的な流れの中で活かすほどに魂が満たされ、喜びあふれる時間を生きていくことができます。また、人は進化成長するために転生を繰り返すのだとヒプノセラピーにふれるほどに確信し、すべての人が意味を持って尊い今を生きていることを実感します。そして、今ここでの気づきしだいで今世のキャンバスをいかようにも描いていけることを悟ります。来世に持ち越すこともできるでしょうが、今世の終わりに悔いを残したくはありません。古い常識や正しさ、思い込みなどで自分をしばっていたのなら、そこから自分を解放してあげる必要があるのかもしれません。本来の自分らしさを見失ってしまったのなら、自分自身との絆を取り戻す必要があるのかもしれません。不満やストレスは、自己の本質からそれているところに生まれ、それが人間関係や仕事、体調にも影響していきます。そしてそれらは、私たちを本来の道に戻すための愛あるシグナルでもあります。道に迷ったとき、このまま前に進むのは違うと感じたとき、自分とのつながりを結び直すためにヒプノセラピーがお役に立てるかもしれません。自分の人生を心からの納得感を持って喜びとともに生きられる幸せを、天の樹を訪れてくださった皆さまと分かち合えることが私自身の喜びです。

天の樹 ヒプノセラピスト saori

 

ブログhttps://ameblo.jp/ocean-gem

メルマガ登録(プレゼント付き):
https://home.tsuku2.jp/mlReg/index2.php?mlscd=0000108671